60歳以上の給与の決め方

  • 高年齢者の最適賃金とは?
  • 同一労働同一賃金にしっかり対応!!
  • 70歳までの就業確保措置が努力義務に

セミナー内容

ご存知の通り、“65歳までの雇用確保措置”を講ずることが、事業主には義務付けられています。
令和3年4月1日には高年齢者雇用安定法の一部が改正され、“65歳から70歳までの就業確保措置”を講ずることが努力義務となりました。背景には少子高齢化があり、経済社会の活力維持と労働力確保のためには、高年齢者の活用が必須です。

多くの中小企業では65歳までの「継続雇用制度」を導入されています。そこで考えなければならないのが、「60歳以降の賃金」です。これには多くの企業が頭を悩ませておられることでしょう。
令和2年4月1日、同一労働同一賃金に関する「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されました。今回のセミナーでは、この同一労働同一賃金を踏まえて、再雇用時の基準作りから、“60歳以降の賃金の決め方”について、ご提案させていただきます。
賃金を決めるにあたっては、年金や雇用保険の受給との兼ね合いもあり、これらとのバランスを考慮した賃金設計が重要となります。そこで、企業も社員も損をしない「賃金の支払い方」をご提案いたします!
これは講師が銀行員時代、年金相談業務を多くのお客様に行っていた経験をもとに構築されており、実践に裏付けられたご提案ですので、必ずご満足いただけるものと確信しております。

60歳以上の社員は、会社から「辞めてくれ」と告げられないか…そんな不安を抱えておられます。経験豊富な60歳以上の社員の方々に、そのノウハウを活かし引き続き活躍してもらうために、経営者として何ができるでしょうか?
本セミナーでは社員の不安を解消し、企業の発展に貢献してもらうために、どのような雇用契約書を作成すれば良いか、またその根拠となる嘱託規程作成のポイントについてお話しさせていただきます。

以前ご参加いただいた方のお声

  • 給付金の受給バランス等がためになり、たいへん面白いセミナーでした。(A.Y様)
  • 再雇用時に気をつけないといけないポイントや会社にとって、従業員にとってもメリットとなりうる点等をくわしい事例を混じえてお聴きできて良かったです。今回のセミナーでは具体的な事例で、理想的な策を教えていただけてありがたかったです。ありがとうございました。(C.M様)

開催概要

日時2022年8月18日(木) 15:00 ~ 17:00
開催方法ZOOMによるオンライン開催
受講料10,000円(税込)
※受講料の請求書(PDF形式)はメールにて送付いたします
※顧問先様は無料とさせていただきます
定員100名(閲覧いただく端末は1社2台までに限る)
※先着順です
対象経営者または経営担当者
※秘匿性が高いため、同業者、コンサルタントの参加は固くお断りします
申込締切2022年8月15日(月)
講師糀谷社会保険労務士事務所 代表
糀谷博和
「講師 糀谷博和の想い」はこちら
お問い合わせ先株式会社陽転(糀谷社会保険労務士事務所内)
メールまたはお電話(077-518-1960)にてお問い合わせください

ご注意ください

今年度は、Zoomウェビナーではなく、Zoomミーティングで開催します。

  • 講義中は、受講者のカメラ映像をオンにし、ご自身のお顔を映してご受講いただくことになります。
  • 参加される環境下の通信状況により、映像や音声が乱れる場合がございます。
  • セミナー中の画面の録画、キャプチャ、SNS などでの二次利用は禁止いたします。

お申し込み

インターネットでお申込み

FAXでお申込み
申込用紙をプリントアウトの上、下記まで送信ください。
FAX:077-586-7481